« プレミアムフライデー | トップページ | 生産終了 »

2017年3月13日 (月)

年度末

待機児童、17年度末ゼロ「可能」3割 84自治体調査
安倍政権が目指す2017年度末までの「待機児童ゼロ」について、朝日新聞社が全国の84自治体に達成可能かどうか尋ねたところ、「達成できる」と回答したのは31%の26自治体にとどまった。安倍晋三首相は2月17日の衆院予算委員会で初めて達成が「厳しい」と述べる (続きを読む)


何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。
当然ですが車検切れの車よりも長期間の車検が残っている方が有利になります。
かといって、車検が一年も残っていない状態では査定価格アップをそれほど期待できません。
車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。
通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、車検費用の方が高く付くことがほとんどだからです。
必ずしもそうなるというわけではないのですが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。
一個人が持っている車であり、いつも通勤するために使っていた車ならば所得税はかからないようになっています。
車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。
詳細を述べると、買った金額を売った金額が50万円以上上回った時に課税対象になります。
仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、良く分からないところがあったら確定申告をする際に申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。
新車購入時に今まで乗ってきた車の方をディーラー下取りに出すことがあります。
購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、自分で買取業者を見つけて売るのと違って時間も労力もかなり減らすことができます。
そのかわり、金額的に考えるとディーラー下取りと業者買取りなら、下取り価格は業者買取価格より安くなることが挙げられます。
下取りは強制ではありませんから、売却で利益を出したければ、少々手間をかけてでも買取業者に査定してもらったほうが良いでしょう。

« プレミアムフライデー | トップページ | 生産終了 »

趣味」カテゴリの記事