« Mステ | トップページ | 鯉のぼり »

2017年4月10日 (月)

見納め

中古車の売却をする前にしておきたいことといえば、少なくとも2つあると思ってください。
ネットの査定サイトをうまく使ってとにかく最新の相場を知ることが不可欠です。
自分の車の価値をだいたいでも把握しておかないと、実勢価格より安い値段で売却してしまうことだってゼロとは言い切れないからです。
机上調査と対照的に体を動かすこととして、次は掃除です。
ボディは埃を落とす程度に洗車してあればOKですが、車内は今までにないほど丁寧に掃除しておきたいです。
少しでも車内に匂いがあると、第三者にはすぐ分かりますし、当然ながら減点査定の対象となります。
特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまう軽い傷や細かなへこみは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。
明らかに爪が引っ掛かるくらいのキズがあったり充分に分かる程度のへこみ、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、減額されるのが嫌だからと言って個人で直したとしても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。
個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり普通、10000kmが目安と言われます。
業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、5万を境にどんどん査定は減点されていき、これが10万キロともなれば過走行車扱いで値段がつかないこともあります。
それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。
マシンの状態を正常に保つにはある程度の駆動が必要で、年式に比して走行距離が極めて少なかったりすると、外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっていることが多く、敬遠されることがあります。
車の査定金額が下がる主要な原因は幾つか存在しますが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、売却予定の車が事故車や故障車で修理したことがあるケースです。
酷いケースではゼロ円査定に下がることもあることを知っておいてください。
しかしそうは言っても、故障および事故などで修理歴があると必ずしも「修理歴車」に分類されるという事は無く、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

国鉄カラーもう見納め 特急型寝台583系がラストラン
出稼ぎ、進学、里帰り……。半世紀近くにわたって、東北と首都圏を結んできた特急型寝台電車「583系」が、4月8日に引退を迎えた。ラストランの舞台は、奥羽線秋田―弘前間。紺色のラインが走る「国鉄カラー」の最後の雄姿を多くのファンが見送った。 さよなら寝台電車「583」 (続きを読む)


« Mステ | トップページ | 鯉のぼり »

趣味」カテゴリの記事